シミを綺麗に改善~美白化粧品で問題を白紙に~

紫外線の防止

紫外線の影響を受けにくい肌に

紫外線を浴びると、肌はその悪影響から身を守るために活性化するので、その結果メラニン色素が多く作られるようになります。そしてそのメラニン色素が肌に沈着すると、シミとなってしまうのです。 したがって、紫外線を浴びないように気をつければ、シミができることを防止できます。しかし紫外線は、日光だけでなく照明器具からの明かりにも含まれているので、全く紫外線を浴びずに生活することは困難です。ところが、紫外線を浴びないのではなく、紫外線の影響を受けにくい肌にすることは可能です。そしてそのために使われているのが、美白化粧品です。 美白化粧品には、紫外線をカットする成分や、メラニン色素が作られることを阻害する成分などが配合されています。そのため使用することで、シミができにくくなるのです。

特に注目されている成分

美白化粧品には、メラニン色素の生成を防ぐ作用があるコウジ酸やビタミンC誘導体などの美白成分が配合されています。しかし昨今では、シムホワイト377とフラーレンとが非常に注目を集めるようになっています。シムホワイト377にはコウジ酸の約20倍もの、フラーレンにはビタミンC誘導体の約200倍もの、美白効果が期待できるのです。 これらを使ってメラニン色素を作らせないようにすれば、新しいシミはできなくなります。さらに、ターンオーバーによってシミは徐々に消えていくので、新しいシミができなければ肌はどんどん白くなっていきます。 いずれはシミひとつない白い肌になることも可能なので、シムホワイト377やフラーレンの配合された美白化粧品を使用する人は増えています。